横浜で家族葬をとりおこなえる斎場について。

会社で現役で働いている人や有名人が亡くなった場合、大きな斎場で何百人という人が弔問に来る場合もあります。実際に故人を悼み最後のお別れに足を運んでいる人もいますが、中には日本人ならではの義理で会場に来ている人もいます。そういう昔ながらの風習に疑問を感じる人が現れ、形式や格式にばかりこだわらず家族だけで最後のお別れを行う家族葬を選ぶ家が徐々にではありますが増えてきました。また、家族葬を選ぶのには、自ら旅立つことを選んでしまった故人であったり、犯罪に巻き込まれ亡くなった場合に残された家族が世間に目を向けてほしくない場合もあります。いずれにしろ、斎場が大きかったり弔問客が多ければその故人が喜ぶわけでも、偉大だったと証明するものではありません。本来が見送る家族がけじめをつけるための式でもあります。それぞれが納得いく形が1番です。横浜でも家族葬を取り扱う斎場が増えてきています。

希薄な親族関係と横浜の家族葬

横浜でも家族葬が多くなってきていますが、その背景には少子化によって家族と親族との関係が希薄になってきていることがあります。しかし、家族だけの葬儀というのは、浸透してきていることで家族との関係をしっかりと確認ができることが、メリットになっています。あまり付き合いのなかった親族を集めてもしょうがないという空気もありますし、何よりも故人が家族葬でいいということを行っている場合もあります。場合によっては、やはり遺言のように感じてしまうので、家族だけでやることも問題がありません。そして、余計な気を使わなくてすみますし、香典返しなども少なくてすみますので、とてもやりやすい状態になります。あまり神経を使わないことが、しめやかに故人様を偲び、遺族の悲しみと心のこもったアットホームな葬儀が家族葬のメリットになります。

簡素化している横浜の家族葬

横浜でも家族葬は人気が出てきているので、小さな葬儀場を借りてやる家庭が増えています。通夜のときにその特色があらわれますが、本来は通夜と葬儀は、遺族と親族だけでやることが当たり前でした。亡くなった故人を偲ぶ時間を持つことによって、より深い悲しみを心に刻み、そして新しい生活のスタートをするためです。一般弔問客は翌日の「告別式」でお別れするのが通例だったのですが、近年は変わってきた傾向もあります。もちろん地域によって葬儀というのは、かなりの違いがあり田舎ならば隣近所だけではなく、村全体や町全体という葬儀の雰囲気もあります。付き合いがあるからとビジネスでの葬儀参加などもありますので、今の家族葬というのは、とてもやりやすいシステムになっているということがいえます。インターネット時代といわれているように、簡素化することも大事です。