横浜で家族葬をあげるには

お葬式は大々的に行うことが多いです。しかし最近では、こじんまりと、親しい人のみで葬儀を行いたいという人が多くなってきています。故人の生前の意向の場合もあります。自分の余生の過ごし方や、葬儀の方法、埋葬の仕方などを生前に家族に伝えるケースも多くなってきています。そんなときにおすすめの葬儀方法が、家族葬です。家族葬とは、家族や親しい友人のみで行う小さな葬儀のことです。人数は数十人程度のみで行うことができます。遺族も弔問客の対応に追われることなく、穏やかに故人を偲ぶことができます。また、費用もかなり抑えることができる場合が多いです。部屋の大きさも小さくてすみ、花の数や、料理も少なくて済むので、コストカットが可能です。横浜市にも家族葬を行える葬儀場は多くあります。大切な別れの場、故人の意向を尊重できるといいでしょう。

横浜で家族葬をする時に確実に予算を抑える方法

横浜には多くの葬儀業者があるので、これから家族葬を利用してしっかりと予算を抑えたいというなら、業者の見積もりを比較することから始めて下さい。予算を抑えるということに重点を置く場合、見積もりを取る時は最も安い価格でいくらになるのか、この点を各社でチェックしておくことがポイントです。こうして数社で見積もりを取れば、最も単価が安い業者を見つけることが出来ます。次に、業者が決まると葬儀に向けて打ち合わせをすることになりますが、打ち合わせではオプションをカットすることを忘れないようにしましょう。無くても困らないオプションというのが色々とあります。そうしたオプションを省くことによって、かなり費用は安くなります。また、自宅にスペースがあるなら自宅でお葬式をすることを検討しておくと、さらに費用を安くすることが出来ます。

横浜で家族葬か一般葬かで悩む場合

横浜でお葬式をすることになり、一般葬か家族葬か、どちらの形態でお葬式をするべきなのか迷うなら、基本的には予算から判断すると良いです。当然ながら、費用が高くなるのは一般葬です。その予算を確保出来ている状態なら、参列者の数から判断しましょう。それほど多くの参列者に連絡をする必要がないなら、一般葬のように割と大きな規模でお葬式をする必要はなく、規模の小さな斎場を借りて家族葬をすれば良いです。この2つの葬儀形態の異なる特徴というのは、お葬式の大きさとなります。家族葬は葬儀の内容は一般葬と同じでありながらも、そのお葬式に参加する人が家族や親戚だけとなります。要するに参加者が少ないことから、こうした呼び方となっています。上記のように基本は予算から判断しておき、後は参列者の数から好ましい形態を選ぶようにしましょう。