それぞれの会場がある横浜の家族葬

家族葬の意義というのは、家族でよく通ったレストランの料理を通夜の席に取りよせたりすることができますので、とても心のある葬儀をすることができます。家族だけの葬儀ですから、自分たちの心のある送り出しをしてあげることが、亡くなった故人を偲ぶことに繋がっていきます。料理の香りを感じたり、それに伴った想い出話などができるので、父を思う子供たちの気持ちをわかりあえることもできます。横浜でも家族葬が増えてきている原因には、少しでも心のこもった葬儀をしていきたいという想いや、親しい間柄だけで結構という意思もありますので、多くの人が行っているといえます。そのために葬儀社では家族葬用に小さな会場を用意しているので、使い勝手のいい小さなところでは、数人からありますし、または50人程度の大きさから20人までも会場もあります。

横浜で初めて家族葬を経験しました

先日、横浜で暮らしていた親戚の方が亡くなりました。夫婦のみで暮らしており子供はいません。残された奥さまの意向もあり家族葬にて送り出すことを決めました。大掛かりな準備や手配もいらず、普段と変わらないような日常で迎えた通夜は、今まで経験してきた重苦しくかしこまった雰囲気の席とは違い、とてもなごやかで落ち着いたものでした。普段から顔を合わしている親族同士ですから、自然と会話も弾み、故人の想い出話にも花が咲きます。最初はやつれた顔をしていた奥さまも次第にリラックスしてきたようで、そのうち笑みがこぼれ始めました。翌日は火葬場で荼毘に付し、近くのレストランで精進落としを行いましたが涙がこぼれたのはお骨をしまう時だけ、あとは終始落ち着いた雰囲気の中で式は執り行われていきました。それまで、いかに盛大に故人を送ればいいのかだけを考えていましたが、今回、家族葬を体験して遺族と故人、双方にとても優しい葬式だということが実感できました。

横浜で家族葬を行う時に必要なこと

横浜で家族葬を行う場合、地域に密着した葬儀会社を見つけることが重要となってきます。もちろん、葬儀場も横浜で選択することになるため、地域に根付いている葬儀会社がお勧めです。できれば、早めの段階でリサーチしておくことをお勧めします。家族が亡くなった時は、なかなか早急に対応できないことが多いからです。慌ててしまって、葬儀会社を比較する時間もとれないことがあります。当然、インターネットで検索する時間もほとんどとれません。何でもない日常生活に置かれている間に、家族葬の内容を把握し、より良いと感じられる葬儀会社をピックアップしておくことをお勧めします。比較内容は料金となることがほとんどです。しかし、サービス内容も重視すべきです。例えば、葬儀場までのアクセスが不便な場合、送迎してくれるところではないと都合が悪くなってしまうからです。